老後の趣味に 敷居が低くなった写真の世界

いきいき

世代を問わず人気の高い趣味の一つとして写真があります。

写真は、撮った当時の思い出を呼び起こしたり、他の人に共有して喜びを分かち合ったりできるとても素敵な趣味の一つです。私もよく写真を撮るようにしています。

若い世代の人たちは友達と自分の撮った共有することに楽しみを見出し、写真共有のウェブサービスなどが人気を集めています。

是非写真を趣味にしたい!という方も多くいらっしゃいます。

しかしながら、写真と聞くとあまり撮った経験のない方などは少し身構えてしまうのではないでしょうか。

現在、写真を撮るという行為はとても身近になっていますので、是非皆さんにオススメしていきたいと思います。

写真を趣味にするまでのステップ

写真撮影はお金がかかる趣味なのか

まず初めに写真を趣味として始めるにあたり抱く不安として

お悩み
お悩み

カメラなどの機材をそろえる必要があるのでは?

お悩み
お悩み

お金がかかる趣味なんじゃないの?

というものが浮かびます。

結論から申し上げるとカメラという趣味は、

始める段階ではお金のかからない趣味です。

もちろん趣味として継続していくなかで、よりいいカメラやよりいいレンズが欲しいなど、機材を購入したくなった場合はお金がかかるのは事実です。しかし、趣味として始める段階ではひと昔前に比べ費用がかからなくなっています。

その理由は大きく2つあります。

お金のかからない理由1:写真を撮る方法が増えたため

写真を撮ることに必要な機材は何でしょうか。多くの人はレンズの付いたカメラを想像されます。しかし、今現在カメラを使わなくても写真が取れます。

その方法とはスマホやケータイのカメラを使用するという方法です。

皆さんが普段利用されているスマホやケータイにはカメラ機能が付いているものがあります。とても古い機種でない限りは、この機能は始めから付いており、機体の背面にレンズが付いている場合が多いです。

もしカメラ機能が付いているものであれば、すぐにでも写真を撮ることができますし、スマホやケータイ本体に撮った画像を保存して見返すことも可能です。

「写真を撮る」というとどうしてもレンズ付きのカメラを構え、ファインダーを覗き込んでいる姿を想像しがちですが、今ではこのカメラ機能を使う人がとても増えており、大多数を占めます。

私も以前は一眼レフカメラを使用していましたが、最近のスマホに変えてからはそちらのカメラ機能ばかり使用するようになったので、一眼レフカメラを持ち歩くことがなくなりました。

ここで一つ皆さんにお伝えしたいのが、このカメラ機能の性能がなかなかあなどれないということです。日々スマホなどの機械は進化をしており、細かい描写などが綺麗に映るように改良されています。一例に私が最近撮った写真を下に貼り付けます。

小田原城址公園 梅の花
多摩動物公園 ペリカン

主題の違う写真ですが、同じスマホのカメラ機能で撮影した写真です。梅の花は花に焦点が合うように自動調整され、ペリカンは全体の陰影が自動調整されています。このようにスマホなどのカメラ機能の性能は著しく向上しています。

また、カメラ機能の付いていないスマホやケータイの方にはコンパクトデジカメというのもオススメです。コンパクト(和訳:小さくまとまった)という名前の通り、小さいカメラで持ち運びもしやすく、女性の方も扱いやすいカメラです。

このコンパクトカメラもスマホなどのカメラ機能同様日々進化しているものなので、高いものを買わなくても素敵な写真は十分に撮ることができます。

以下写真が撮れる機材の特徴と手軽さ、本格度をまとめてみました。ここで言うお手軽さは初期投資の低さや携帯性などの実際の撮影しやすいかの度合いを考慮しています。本格度は撮った写真の綺麗さやレンズ交換などでの拡張性などを考慮しています。

写真が撮れる機材

1、スマホやケータイのカメラ機能

スマホやケータイに付いているカメラ機能を使用する方法。スマホなどに始めから備わっているものが多く、既にお持ちの方は初期投資がなく気軽に始められるのが魅力。

お手軽さ:5.0

本格度:3.0

2、コンパクトデジタルカメラ

携帯性、撮りやすさに特化したデジタルカメラ。略してコンデジなどと呼ばれ、カメラでの写真撮影の入門機としてもオススメ。

お手軽さ:3.0

本格度:3.0

3、デジタル一眼レフカメラ

カメラの中にレフ(鏡)にレンズが捉えた光景を反射し、光学ファインダーを通した風景を見ながら撮影ができるものです。構造的や説明が小難しいカメラですが、簡単に言ってしまうとより綺麗に写真が撮れる比較的高価なカメラです。

お手軽さ:2.0

本格度:5.0

お金のかからない理由2:フィルムからデータへ保存媒体が移行してきているため

上記でカメラ機材についてふれましたが、今回ご紹介しているカメラには全てに共通していることがあります。それは、

フィルムを使ったカメラではない

という点です。一昔前のカメラで撮った写真の記録媒体はフィルムでした。カメラ本体に装着したネガフィルムに撮った画像が記録されますが、そのままでは見ることができません。写真の印刷屋さんにネガフィルを持っていき、現像してもらうことで始めて写真として見ることができます。

では、フィルムを使用していないカメラは何に記録するのでしょうか。

それはデータです。写真を画像データとしてお使いの端末や保存用の機材(SDカードやメモリスティックなど)に保存されます。データ保存の場合、その場で撮った画像を見ることができ、削除も簡単です。

また、様々なサイズに変換して印刷できます。こちらは専門の印刷機などで印刷すればより綺麗な仕上がりになりますが、ご家庭のプリンターでもカラーで印刷可能です。

フィルムには記録できる枚数制限があり、撮った写真の削除もできません。つまり、フィルム枚数分撮り終えてしまったら都度フィルムを購入する必要があるということです。

もちろんフィルムで撮った写真にしかない味というものもあります。写真を趣味として楽しんでいく中で、興味が湧いた時には始めてみるのもいいかもしれません。

以上が写真を趣味で始める際に気になる初期費用のお話です。ご覧の通り、今現在写真はとても費用のかからない趣味としても人気となっています。それでは、ここから次のステップに進みたいと思います。

写真を撮ることに身構えない

何を撮ればいいのか

まずはご自身の身の回りにあるものを、思うままに撮ることをオススメします。

写真を撮影するという行為は風景や人物などに焦点が当たり、モデルとなるものが必要と捉えてしまいがちです。しかし。何気ない暮らしの中の日常を撮ることでも十分に趣味として成り立ちます。

もし草花などを育てている場合は、成長の過程を写真で楽しむこともできますし、毎日の献立を写真に収めるだけで、1ヶ月の食事記録の写真として振り返ることもできます。

一緒に住むペットを毎日撮れば、いつもとは違う表情が垣間見れるかもしれません。

もちろんご自身の顔を撮り続けるというのも一つの手です。自分自身を撮る行為はセルフィーと呼ばれ、撮った写真を加工するアプリなども多数出ています。

つまり、写真撮影で大切なことはモデルではなく、ご自身の価値観、趣味嗜好が最も優先されるべきことという点です。

撮る行為を身体になじませる。

カメラというものは高価なものであり、複雑な構造をもつ機材として父親が扱うものというイメージが強く、写真を撮るという機会が少なかったというのも敷居が高くなった要因として考えられます。

しかし、上記に挙げたようにケータイやスマフォのカメラ機能を使用するということであればご自身の持ちもので行える方が多いのではないでしょうか。

まずは、撮ってみる習慣を身になじませるようにしましょう。始めのうちは必ずといっていいほど人前で写真を撮る行為に恥じらいを持ってしまいます。そのため、撮る動作の挙動が不自然で周囲からも浮いてしまいます。

こうなってしまうと写真を撮ることよりも周囲の目が気になってしまい、本来撮りたかった写真が撮れなくなってしまいます。

慣れるためにはどうするべきでしょうか。これは撮る回数を重ねる他ありません。地道な練習方法ですが、人前でも自然と写真が撮れるようなった時、ご自身の成長を感じられるというのも趣味としての楽しみの一つとなります。

写真という趣味で広がる老後の繋がり

よく飲食店などで若い人が、食べる前に料理の写真を撮っている姿を見かけます。

この行為を見た時に自然と受け止める方と不快に思われる方の両方がいると思います。今では日常的に見かける行為なので気になりませんが、このような行為が増え始めた当初、写真を撮るということに抵抗があった私は不快に思ってしまう場面が何度かありました。

確かに写真を撮るという行為は、食事する場で行う行為としては珍しく、はたからみると不自然な行為です。お店の混雑状況を考慮したり、必要に応じて撮影許可を取るものであり、時と場合を考えるべき行為であると思います。

しかし、この行為の多くはウェブ上での知人への情報共有などに使われている場合も多く、巡り巡ってお店の宣伝となる場合もあり、一概に否定のできる行為ではないかもしれません。

写真を撮った先の使い道の多様化が進んでいることも驚くべきことです。

写真は趣味としての一面だけでなく、他者と交流するための糸口として今後も発展していくことが考えられます。コミュニケーションサイトで写真を共有し合うシニア世代が増える日もそう遠くないと思います。

写真はいつ始めても、いつまでも続けられる趣味です。興味を持たれた方は是非、スマホやケータイを取り出して撮影ボタンを押してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました