【解説】子供だけじゃない、大人も楽しめるテレビゲームの世界

いきいき

テレビゲームと聞くとみなさんはどのような印象を抱きますか?

印象
印象

子供のやるもの?

という印象は現在においては時代遅れかもしれません。

現在ゲームは多種多様な進化を遂げ、大人でも楽しめる趣味の一つとして確立されています。

日本におけるゲームを趣味の一つにしている人口は、ある資料によれば4,739万人とも言われています。

この人数は日本国民の10人に4人以上の人がゲームをやっている割合です。

少子高齢化が叫ばれている昨今、この人数には多くの大人も含まれていることが窺えます。

事実仕事を引退した方の新たな趣味の選択肢としてもゲームが選ばれることも多くなり、ゲームは子供だけでなく大人も楽しめるものとして認識が広まっています。

しかしながら、あまりに多くのものがゲームという言葉で取り扱われていることから、ゲームの始め方が分かりづらくなっています。

この記事では年齢を問わず大人が楽しめるゲームと出会う第一歩として、ゲームの代表格であるテレビについて解説していきたいと思います。

テレビゲームとはどのようなゲームなのか

まずゲームはそのゲームを行う環境やどのような機材でゲームをするかによって区分されています。現在では大きく3つの区分にゲームが分けられます。

テレビゲーム

このゲームは家庭用のゲーム機を使ったゲームを指します。時代を遡ると、据え置き型のゲーム機としては任天堂のファミリーコンピュターが家庭用ゲーム機の火付け役となり、携帯型のゲーム機としてはゲームボーイが人気を博しました。

このゲームはゲームをするための専用の機材が必要で、据え置き型においてはテレビなどのモニターを利用することからテレビゲームと言われてきました。

しかしながら、ゲーム機自体にモニターが付いているものなども登場してきているため、テレビを使うゲームという認識は古くなっていきそうです。

テレビゲーム=家庭用ゲーム機を使ったゲーム

という認識が分かりやすいかもしれません。

アプリゲーム

アプリと呼ばれるゲームのソフトを専用のゲーム機ではなく、スマホやタブレット、パソコンなどにダウンロードして遊ぶゲームです。

スマホやタブレットにおいては、家庭用ゲーム機ほどの品質の高いゲームをすることは難しいですが、携帯性が高く、中高生などをはじめとする若年層から高い支持を得ています。

また、パソコンにおいてはゲーミングPCなどと呼ばれるゲームに特化した製品も登場しており、家庭用ゲーム機の再現性を超えたゲーム体験ができるものも出てきています。

いずれもアプリというソフトが主体で、元々はゲーム機ではないものでゲームをするため、本格的にゲームをするためにはコントローラーなどの周辺機器を揃えたりする必要が出てくる可能性があります。

ボードゲーム

実際にゲームをする盤面や駒、カードなどがあるゲームの形です。以前紹介した将棋も広い意味ではボードゲームの一つとして数えられます。

野球盤や人生ゲームなどが有名です。

ボードゲームの特徴としては一つのゲームとして商品が完結しており、ゲーム機やアプリなどの考え方とは異なっている点です。

いくつかのゲームを遊ぶためには都度ボードゲームを購入する必要があり、場所を取ることが難点ですが、実際に手で触れることのできるゲーム、また対面で人と交流できる点が優れており、ボードゲームができるカフェがオープンするなど再注目されています。

テレビゲームの特徴

それでは次にテレビゲームの特徴についてみていきます。

専用のゲーム機を用いるテレビゲームには利点と欠点があります。

利点1:簡単に遊べる

一つ目の利点は簡単に遊べるという点です。家庭用ゲーム機は老若男女問わず、ゲームが家庭で楽しめるよう設計されており、アプリゲームなどに比べ簡単に遊び始めることができます。

アプリゲームの場合ソフトをダウンロードする必要があるため、ネット環境も必須ですが、テレビゲームの場合、ソフトの更新を除けば、ネット環境がない状態でも遊ぶことができます。

利点2:ゲーム専用機を用いて圧倒的なゲーム体験ができる

ゲーム専用機ならではの利点として、圧倒的なゲーム体験ができます。家庭用のゲーム機はどの機種も、ゲームをすることを第一の目的に作られています。

そのため、映像美や音楽、操作性など他の機材で行うアプリゲームなどに比べ段違いに高品質です。

また、ゲームをするためのコントローラーも元から付属しており、どのゲームも複雑な操作をせずにすぐゲームが始められます。

欠点1:初期費用がかかる

家庭用ゲーム機を購入するための費用がかかります。ゲーム機自体は大体2万円代から3万円代となっています。

しかしながら、需要が高まりゲーム機が手に入りづらくなると、正規の販売店以外は値上げをしている可能性があります。

ゲーム機を購入する際はメーカーの希望小売価格を把握して、妥当な値段が見極めることが重要です。

欠点2:ゲーム機によっては持ち運びができない

家庭用ゲーム機は各家庭内でゲームをすることを想定して作られており、据え置き型とも呼ばれています。ゲーム機によっては、テレビなどのモニターが必須となるものもあり、スマホに入れるアプリゲームなどに比べると携帯性は劣ります。

しかし、家庭用ゲーム機でありながら、持ち運びできるモニターが付属しているNintendo Switchなども登場しており、この点はいずれ解消されてくかもしれません。

以上がテレビゲームの利点と欠点でした。ここからは家庭用ゲーム機の代表格である二つの製品を紹介していきます。

Nintendo Switch(ニンテンドウスイッチ)

Nintendo Switch 紹介映像

Nintendo Switch(ニンテンドウスイッチ)は日本のゲームメーカー任天堂が販売する家庭用ゲーム機です。任天堂はテレビゲームの原点でもあるファミリーコンピュータを発売した老舗のゲームメーカーです。

このNintendo Switch(ニンテンドウスイッチ)はテレビに繋いでのゲームはもちろんのこと、本体を携帯して遊ぶこともできます。

また、ご家族や友人などと楽しめるソフトが多いのが特徴で、ソフト一本でも複数人で盛り上がることができます。

Joyconというコントローラーには高性能センサーが付いており、ボタンを押すという動作だけでなく、振る・傾けるなど今までにない動作でゲームを楽しむことができ、体を使った新たなゲーム体験というのも可能になりました。

任天堂は今までにも多くのゲーム機材を販売してきましたが、販売するたびに今までに無い新機能を搭載してきました。このNintendo Switch(ニンテンドウスイッチ)も手軽に今までにないゲームを多くの人と共有するという点で新たなテレビゲームの形を提案してくれます。

PlayStation(プレイステーション)

PlayStation 4 Launch | The PS4 Launch Video

PlayStation(プレイステーション)は日本の大手家電メーカーであるソニーが販売している家庭用ゲーム機です。初代PlayStation(プレイステーション)は1994年に販売され、2020年9月現在では4代目となるPlayStation4(プレイステーション4)です。

PlayStation(プレイステーション)はNintendo Switch(ニンテンドウスイッチ)に比べ、1人で楽しめるゲームが多く、物語などが深い大人向けのソフトが充実しています。

以下は元寇の対馬を舞台にした侍の生き様を追体験できる『ゴーストオブツシマ』という作品です。

『Ghost of Tsushima』ストーリートレーラー

この圧倒的な映像美でのゲーム体験はPlayStation4(プレイステーション4)ならではです。

2020年11月には後継機種であるPlayStation5(プレイステーション5)が発売予定となっており、比較的安価にPlayStation4(プレイステーション4)が購入できます。

最新の機種で最先端のゲーム体験がしたいという方はPlayStation5(プレイステーション5)の発売を待ってみてもいいかもしれません。以下がPlayStation5(プレイステーション5)の紹介映像です。

ようこそ 息をのむほどの没入感の世界へ | PS5

テレビゲームという新たな趣味

多くの時間を持てるようになった時、趣味探しに案外手間取ってしまうことがあります。

私もコロナ禍の外出自粛生活の中で家で過ごす時間が増えましたが、この生活が始まった当初は家で過ごす時間を持て余していました。

この機会に私もテレビゲームをするようになり気づいたことがあります。それは、

テレビゲームはむしろ大人のためにあるのではないか

ということです。現在ではゲームソフトにも映画同様の年齢制限もしっかり設けられており、一つのエンターテイメントとして成熟しています。

ゲームにしかできない表現、ゲームだからこできる体験も増えてきました。

いずれゲームをやるなんて子供っぽい、恥ずかしいという世間の考えが、ゲームをしていないなんてもったいないと変化する時代が来るかもしれません。

手始めにテレビゲームは子供のためのものという考えは捨て、ぜひ一度体験してみませんか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました