紙からデジタルに、おすすめの電子書籍端末

いきいき

普段皆さんは本を読んでいますか。

老後の生活は自由に使える時間も増えるので本を読むことにあてられる時間も増える方もいます。

本はたくさんの知識を与えてくれるとともに新たな発見を与えてくれるとても素敵なものです。

本というと紙に印刷されたものが一般的ですが、電子書籍も今は選択肢の一つとして浸透してきています。

お悩み
お悩み

でも、使い方が分からない。

そんな方のお悩みを解消すルために、電子書籍についてみていきます。

電子書籍は便利なのか

そもそも電子書籍は何が便利だと思いますか?

実際に私も電子書籍で本を読むまでこの質問に答えられませんでした。

実際に電子書籍を利用していく中でその便利さに驚かされました。

いくつかその便利な点がありますので、それぞれ解説していきます。

便利な点1:かさばらない

まず初めの便利さ紙の本に比べかさばらないという点です。

紙の本の場合はハードカバーや文庫を問わずに1冊の本として印刷されているため、その分場所ををとってしまいます。

電子書籍の場合はデータで本が保存されているため、読むための端末が1台あれば本棚などの場所を取ることがありません。

特にページ数の多い厚い本やシリーズ化され巻数の多い本などを電子書籍で閲覧した際はこのかさばらない点を実感します。

便利な点2:すぐに調べものができる

次のメリットとして挙げるのがすぐに調べ物ができる点です。

本を読んでいるとあまり見慣れない単語に出くわすことがありませんか?

普段使用しない単語でつまづいてしまうと、その言葉を調べる手間があります。

辞書を引くというのも勉強するうえでとても大切な行為ですが、都度都度調べている

普段の読書では面倒になってしまいます。電子書籍であればその辞書を搭載しているものもあるため、その場でわからない単語を調べることが可能です。また、ネットに接続できる端末であれば電子書籍に辞典が搭載されてなくても、すぐに調べることが可能です。

便利な点3:目に優しい

電子書籍に対する誤解で一番多いのが、目に悪いのでないかという点です。

実はこれは大きな誤解です。電子書籍は端末上で文字の大きさを選べることができます。

通常の印刷された本の場合は、文字の大きさを変更することはできません。

文字が小さく読む前に諦めた書籍はありませんか?

電子書籍であれば文字の大きさを自由に調整できるので、快適に読み進めることができます。

また、電子書籍の端末は光を発するため、暗い場所でも読書をすることができます。

この光もテレビなどの発行方法と違い自然光に近い発光方法を採用している端末もあり、本を読むという行為に特化したものがあります。

暗い部屋で本を読むという目に悪いとされていた常識を覆すかもしれません。

以上が電子書籍の代表的なメリットです。

メリットがわかったところで実際に電子書籍を読むための準備をしていきます。

電子書籍の読み方

電子書籍を読むためには、本となるデータと読むための端末が必要です。

データ数でいうと世界最大のデータ数を誇るAmazonがオススメです。

本を出版している出版社によってデータの販売先が異なるので、欲しい書籍を調べるのが一番正確です。

それでは実際に読むために必要なオススメの端末をご紹介します。

スマートフォン

スマートフォンに電子書籍用のアプリをダウンロードして使う方法です。

既にスマートフォンをお持ちの方であれば、端末を別に用意する必要がないため

とてもお手軽に利用することが可能です

視認性は端末の大きさによるため、一概に見やすいとは言えません。

しかしながら、携帯しやすく使い慣れた端末ということで初めて電子書籍に挑戦する方にはオススメです。

お手軽さ 

5.0

みやすさ

2.0
電子書籍用端末

こちらの端末は初期費用として端末を購入する費用がかかります。

しかし、電子書籍を読むために作られたものですので、使い勝手は一番いいです。

私のオススメはAmazon Paper Whiteです。


Kindle Paperwhite 防水機能搭載 Wi-Fi 32GB 電子書籍リーダー

紙の印刷物同様白黒のみの表示ですが、全てが電子書籍用に設計されています。

バックライトは自然光に近い光で反射せず、暗い部屋で読んでも目に優しいです。また、文字も電子書籍用に作られたもので視認性が高く読みやすいです。

お手軽さ 

3.0

みやすさ

5.0

電子書籍と紙の書籍

電子書籍をオススメしてきましたが、全ての本を電子書籍にする必要はないと思います。ハードカバーだけの重厚感や紙をめくる際の感触など実際に印刷された本にしかない魅力もあります。

むしろ電子書籍と紙の書籍を使い分け、両立させていくことが今後の読書の快適さを向上していくうえで大切なことではないかと思います。

この記事で少しでも電子書籍に興味を持てた方が増えたら幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました