爽快・リラックス 入浴剤で最高のお風呂ライフを

いきいき

毎日の疲れを取るには食事、睡眠の他にお風呂があります。

シャワーで済ませる人も多くなってきていますが、

お風呂にお湯をはって浸かることは疲労回復に大きな効果をもたらします。

お湯に浸かるだけでも回復効果を得られますが、更にその効果を高められる方法があります。

それは、

入浴剤を湯舟に入れることです。

お悩み
お悩み

入浴剤は匂いや色はいいけど本当に効果があるの?

このような疑問を持っている方もいるかと思います。

今回は入浴剤に秘められた効能をご紹介します。

入浴剤を入れる意味

入浴剤の歴史

日本における入浴剤の歴史は明治時代の中期までさかのぼります。

もちろんそれ以前からも冬至にゆずを入れて柚子湯にしたりとお湯に何かを加えるという習慣はありました。

明治中期に入浴剤として登場したものは様々な生薬を配合し、布袋に入れて商品化されたものだったため、今日でいう入浴剤の始まりと言われています。

市販の入浴剤を買うという概念はこの商品が発売されるまでなかったようですが、様々な方法でお湯に効能をもたせることは昔からやっていたようです。いわば入浴剤は、入浴効果を高める先人たちの知恵の結晶と呼べます。

入浴剤の効果

入浴剤には多くの効果があります。

この効果は入浴剤に含まれる成分によって異なります。

入浴剤の成分は大きく分けて6つに分類できます。

成分表の中に記載される成分を記載するとともに、効能をまとめていきます。

無機塩類系入浴剤

無機塩類と呼ばれるものを主成分とした入浴剤です。

成分表示

炭酸ナトリウム、炭酸カルシウム、炭酸水素ナトリウム(重曹)、セスキ炭酸ナトリウム、塩化ナトリウム(食塩)、塩化カリウム、硫酸ナトリウム(芒硝)など

塩類が皮膚の表面のたんぱく質と結ぶ付き膜を形成します。この膜が身体の熱が逃げないように働くため、入浴後の保温効果が高く湯冷めしにくくなります。

身体を温めたいときにオススメの入浴剤です。

炭酸ガス系入浴剤

炭酸ガスの拡張作用を有効利用した入浴剤です。

成分表示

炭酸ナトリウム、炭酸水素ナトリウム等とコハク酸、フマル酸、リンゴ酸など

お湯に溶けた炭酸ガスは皮膚から吸収され、直接血管の筋肉へ働きかけ血管を拡げます。血管が拡がり血流量が増すと、全身の新陳代謝が促進され、疲れや痛み等が緩和されます。

疲労を回復したい時にオススメです。

酵素系入浴剤

医薬品の消化剤や洗浄剤等によく利用される酵素を含んだ入浴剤です。

成分表示

蛋白質分解酵素、パパイン、パンクレアチンなど

自然の生薬で身体を温めたい時にオススメです。人間はもちろん、微生物や植物などの生物の体の中で作られ、蛋白質や脂肪、澱粉等を分解して消化や洗浄を助ける効果をもっています。入浴剤に酵素を配合する目的は、皮膚に無理な刺激を与えず、清浄にすることで入浴効果を高めることがあります。

清凉系入浴剤

清涼感のある成分を含んだ入浴剤です。

成分表示

メントール、炭酸水素ナトリウム、硫酸アルミニウムカリウムなど

入浴後の肌にサッパリ感を与えます。

夏の暑い日や汗をかいた日などにオススメです。

スキンケア系入浴剤

保湿成分が含まれた入浴剤です。

成分表示

セラミド、米胚芽油、エステル油、スクワラン、ホホバ油、ミネラルオイル、植物エキス、米発酵エキスなど

保湿成分が入浴中に皮膚に吸着浸透し、スキンケア効果が期待できます。冬の乾燥時は、入浴後過度に角層中の水分が失われ、お肌のかさつきが起こりやすくなっており、入浴剤によるスキンケアが最適です。入浴で膨潤したお肌は、浸透し易い状態になっているため、保湿成分が肌の表面に吸着するだけではなく、角層内部にまで浸透していきます。

代表的な入浴剤

入浴剤も現在ではたくさんの会社が販売しています。

高品質かつ手に入れやす例として代表的な入浴剤をあげます。

バスクリン

株式ツムラから独立した株式会社バスクリンが販売する入浴剤です。

社名と同じバスクリンという入浴剤の販売で日本において大きなシェアと実績を誇ります。

入浴剤の開発、販売に力を入れている会社ということもあり、バリエーションが豊富な点が特徴として挙げられ、自分に合った入浴剤を選べます。


【医薬部外品】バスクリン入浴剤 森の香り600g入浴剤(約30回分) 疲労回復

バブ

大手化学メーカーの花王が手がける入浴剤です。

バブの一番の特徴は炭酸ガスが発生し、発泡しながら解ける点です。

炭酸ガス系入浴剤として疲れをとることに適した入浴剤です。


【大容量】 バブ 厳選4種類の香りセレクトBOX 薬用 炭酸 入浴剤 詰め合わせ [医薬部外品] 単品 48錠

バスロマン

製薬会社のアース製薬がてがける入浴剤です。

現在では1番最初に挙げた株式会社バスクリンがアース製薬グループとなっており、

商品パッケージなどバスクリンで培った技術を応用している部分があります。

歴史的な面ではバスクリンが一歩リードしていますが、きき湯など効能に特化した製品など独自の製品を出しています。

入浴剤との付き合い方

いかがでしたでしょうか。

今回調べてわかったことは入浴剤は一つの種類に固執せず、体調や疲れ度合いによって入れる入浴剤を使い分けることが効果的な入浴剤の使用方法ということです。

寒い日は無機塩類系入浴剤、疲れた日は炭酸ガス系入浴剤など使い分けて使用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました