体重だけを気にしない、体重以外も測る老後の習慣付け

暮らし

健やかな暮らしにおいて、日々の食生活や運動量を見直すことは大切です。その目安としての大きな役割を果たすのが体重という指標です。

体重は食べる量を減らしたり運動量を増やすと減少し、食べる量を増やして運動をしなければ増えます。過去のダイエット法においては、この体重を減らすというのが第一の目的となっていました。

しかし、体重の増減という一つの指標だけに執着していると見えないものもたくさんあります。それは、病気による体重減少や筋肉量の増加に伴う体重増加などです。

ダイエット中の体重減少は喜ばしいことですが、病気が原因での体重減少は手放しに喜べませし、体重増加は嬉しくないことですが、筋肉量が増えると代謝も上がるため結果喜ばしい変化を見過ごしてしまいがちです。

現代における健康維持においては、体重だけでなく様々な指数で多角的に身体の状態を捉えることが重要視されています。

多くの指標は加齢と共に低下し、思わぬ怪我や病気を招いてしまう原因となります。

結論から申し上げると、健康維持のためには身体の様々な指標を理解し、きちんと管理することが大切です。

今回は身体の指標を整理し、体重以外の指標も測れる優れた体重計・体組成計を紹介していきます。

身体を知るための指標

身長・体重・足の大きさ・ウエストなど私たちの身体を表す指標はたくさんあります。昔は学校の身体測定で座高を測ったものですが、現在では座高は測らないそうです。たしかに座高の高さを知ったからといってあまり意味がなかったような気もします。

これらの指標は外見にも現れるため衣服の購入の際などに割と意識しやすいものになっています。

しかし、この指標だけでは身体の内面が見えてきません。ここからは身体の内面を表す指標をあげています。

身体の内面を表す指標

体脂肪率

体内に含まれる脂肪の重量の割合でパーセンテージで表されます。この数値が低ければ体内にある脂肪が少なく、高ければ脂肪が多いことになります。極度に体脂肪率が低い場合体温の低下や筋力の低下を招き、高い体脂肪率は肥満を表します。

体重計の大手メーカーであるタニタとオムロンは数値によってそれぞれ基準を設けており、年齢と数値によってやせから肥満まで区分されています。

男性では10%代、女性では20%代が標準的な体脂肪率とされています。健やかな暮らしにはこの標準的な体脂肪率を維持することが大切です。

筋肉量

体内に含まれる筋肉の重量になります。筋肉量は体脂肪率のように割合を表すものではなく、重量を表します。筋肉は多くの場合20歳をピークに減少していきます。

日々計測をすることで、自身の筋肉量を把握するとともに、運動を行うことでこの数値が増えるように心がけることが大切です。

骨量

骨量は筋肉量と同じく成長とともに増加していき、20歳ごろを目処に維持期へ移行して、減少していきます。

骨量の減少が老後に多い骨折や捻挫の原因となり、骨の密度が低下する骨粗鬆症はこの骨量にも表れます。

基礎代謝

通常目が覚めている状態で生命活動をしていくうえで、自動的に消費されるエネルギー量のことで最低限必要なエネルギー量となります。多くの場合はカロリーで表記されます。

一般成人の女性で約1,200kcal 、男性で1,500kcal程度と言われています。この数字は一定ではなく、年齢や上にあげた体脂肪率や筋肉量に左右されます。筋肉量が多い人は必要となるエネルギーも多くなるため、基礎代謝も比例して高くなります。

この数値が高ければ高いほど、自然に消費されるエネルギーが多いため太りにくいという捉え方ができます。

以上が代表的な指標です。これらの指標はご家庭で簡単に測定することができます。

その方法は多機能は体重計を使用することです。

多くの場合、通常の体重計と同様に乗るだけで他の指標が表示されます。メーカーによってはこれらの数値の他にも体内の水分量や、総合的に判断した体内年齢などが表記されるので、自身が欲しい指標が入っている体重計を選ぶことが重要です。

進化する体重計・体組成計

メーカーによっては体重計という体重に限定した呼び方ではなく、体組成計という呼び方をしています。これは、体重だけでなく身体を構成している多くの指標を測ることができるからです。

世界から見ても日本人は体重計が好きな国民性があります。多くの家庭に体重計が普及していますし、多数の商品が販売されているため価格が安定し、機能も充実しています。

今回は日本における体組成計の2大メーカーであるタニタとオムロンの商品を紹介します。

タニタ

タニタ食堂でも有名な計測器メーカーのタニタが手がける計測器です。健康を「はかる」ことで、多くの人々に貢献することを目標に掲げ、健康にまつわる製品の発売や情報の発信まで行なっています。

1994年家庭用の体脂肪計付の体重計を発売した実績があり、現在でもエントリーモデルから、プロのアスリートが愛用するモデルまで様々な体組成計を発売しています。

 BC-705N WH

この製品は充実した機能を備えながら、3,280円というお手頃価格で購入できる体組成計です。手軽に健康管理をしたい方におすすめします。

乗るだけで電源が入り、立ったままでも見やすい文字高30mmの大型表示と自動スクロール表示機能はシニア世代にも嬉しい機能です。表示される指標は体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、内臓脂肪レベル、基礎代謝量、体内年齢と多くのものが網羅されています。

 RD-907 BK

この製品は最先端テクノロジー デュアル周波数測定でより正確に測定ができる体組成計です。医療分野で主流となっている「高周波」「低周波」2つの周波数(デュアル周波数)でカラダを測定することで、細胞レベルの変化・個人差を分析に反映し、体脂肪率や筋肉量などの体組成がより高精度にチェックできます。

測定項目も充実の全10項目で、①体重 50g単位 ②BMI ③体脂肪率 ④筋肉量 ⑤筋質点数 ⑥推定骨量 ⑦内臓脂肪レベル ⑧基礎代謝量 ⑨体内年齢 ⑩体水分率がわかります。

Bluetooth通信機能により、対応のiPhone・Androidスマホにデータを転送することも可能で、アプリ上で日々の計測データの管理が可能です。

オムロンヘルスケア

タニタとともに有名な国内の大手計測器メーカーであるオムロンが手がける体組成計です。オムロンは主力である体組成計や血圧計などの健康にまつわる計測器の部門を分社化させ力を入れています。

測るを、楽しむ。をコンセプトに、カラダスキャンと呼ばれる体組成計を各種販売しています。

HBF-214-W

オムロンのエントリーモデルと同様に3,280円というお手頃価格で販売されています。狭いすきまにも収納できる、厚さ28mmの薄型設計でお手入れ簡単なガラス天板のフラットデザインです。カラフルな4色展開。設置する部屋のトーンに合わせて選べます

測定結果が見やすい、大きな文字表示で、立ったままでも測定結果をしっかり確認できます。

測定内容はBMI、体脂肪率/体脂肪率判定/基礎代謝/骨格筋率/骨格筋率判定/基礎代謝/骨格筋率/骨格筋率判定(対象年齢10才以上80才以下)、内臓脂肪レベル/内臓脂肪レベル判定/体年齢(対象年齢18才以上80才以下)までとエントリーモデルながらたくさんの指標がわかります。

私もこちらを使用していますが、表示内容が細かい上に、シンプルな操作性で扱いやすい体組成計です。電池の持ちが長いという点も嬉しい点です。

KRD-703T

カラダスキャンシリーズの中でも上位機種の、両手と両足で測定するタイプの体重体組成計です。両手両足から全身に微弱な電流を流すことで、体幹・両腕・両足といった部位別の体組成が分かります。

Bluetooth通信機能を搭載。iPhone/Android専用アプリ「OMRON connect」に、測定データを転送し、体重や体脂肪率、骨格筋などの測定データを簡単に確認・管理することができます。

日々管理することで健康的な毎日に

体重計や体組成計を使用することで日々の体内状況を把握し、管理することができます。しかし、それだけで健康な暮らしを手に入れたとは言えません。

体組成計から見えた指標を元に運動をしたり、食生活を見直すことではじめて健やかな暮らしへと近づきます。なお、運動する際の指標としては心拍数や運動量を測るスマートウォッチを合わせて使用することがより有効です。

デジタル機器の進化は暮らしを便利にしてくれるだけでなく、使い方によっては健康にも大きく寄与してくれます。また、大手メーカーの手がけた製品の多くは様々な検証を経ていることから、民間療法などに比べると信頼もあります。

今後も健康に近づく便利なアイテムを紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました