シニアの健康を守る、おすすめのスマートウォッチ利用法

暮らし

健康でいることは長生きするうえで、一番のテーマです。

健康を損ねてしまうと、生活も一気に辛くなってしまいます。

健康状態を予見できればというのはシニア世代の願いですが、目に見えないものを予見することは難しいことです。

しかし、現代では技術も発達し、自身の体温や血圧など測定することができ、自身の生活を

振り返り健康状態を把握することができます。

毎日血圧計や体温計を使って、ノートなどに記録するのがいいのでしょうか。

いいえ、もっと簡単な方法があります。

今回は皆さんのヘルスケアを手助けする機器の紹介をしていきます。

日々のヘルスケアを助ける スマートウォッチ

スマートウォッチとは

スマートウォッチという言葉を聞いたことはありますか。

このスマートの部分はスマートフォンの説明同様smart(賢い)という意味で、ウォッチは時計を指します。

通常時計といういうと時間を知ることができるものですが、その他にも多機能性が

追加されたものがスマートウォッチです。形状としては腕時計タイプのものが多く、身体に身につける機器です。

カレンダーや水圧を測れるのは通常の時計にもついていたかと思いますが、接続したスマートフォンを同期してメールや音楽なども楽しめます。

ヘルスケアに役立つスマートウォッチ

実は最初に疑問としてあがった心拍数や体温などがこのスマートウォッチを身に着ける ことで測ることができてしまいます。

これはスマートウォッチと連動させるスマートフォンにヘルスケア用のアプリを入れることで実装できます。

アプリによって使用方法は若干異なりますが、大体の場合身に着けるだけで計測を自動的に行い 日々の記録をとってくれます。

ノートなどに書く手間を大幅に省いてくれます。

計測できるものとしては、

心拍数や歩数から睡眠計測、消費カロリーなど様々なものが計測できます。高級モデルには1日を通した呼吸、睡眠中の呼吸など呼吸追跡も可能です。

機種によっても内容が変わってくるので、 計測できる項目については購入する前にご確認ください。

それでは実際にオススメのスマートウォッチを見ていきます。

オススメのスマートウォッチ

GARMIN(ガーミン)

位置特定機能に定評のあるガーミンという会社が出しているスマートウォッチです。スマートウォッチの販売実績に定評があります。そのため、様々な種類が発売されています。

上位モデルは以下のように時計と代わりない大きさで、文字盤も見やすいです。

低価格モデルはスタイリッシュなモデルでおしゃれな高機能です。

apple(アップル)

iphoneやMacでおなじみのappleが販売しているAppleWatch(アップルウォッチ)です。iphoneとの親和性が高く、操作も直感的にわかりやすいです。シンプルなデザインで世代を問わず使用しやすです。

HUAWEI(ファーウェイ)

中国に本社を置く通信機器の大手メーカーです。携帯電話端末の開発で培ってきた技術を元に高性能なスマートウォッチを比較的低価格で販売しているのが特徴です。中国製は壊れやすいと思われがちですが、1年間の保証が付いており、安心して使用することができます。

上位機種は普通の時計と遜色がないほど、時計らしいデザインです。

低価格のモデルは表示される内容が少ないものの、とてもリーズナブルな価格が魅力的です。

日々進化する機能

以上のように健康管理に役立つスマートウォッチですが、もしもの場合に役立つ機能があります。

それはGPS機能を利用した緊急アラート発信機能です。

スマートウォッチの多くはGPSという位置特定の機能が搭載されており、自分がどこにいるのかを他者に発信することができます。急な怪我や病気になった際このアラート機能を利用し、自分の状況を発信することが可能です。

また、アップルウォッチにおいては空間把握機能もついているので、転倒した場合、そのことを検知して、必要に応じて緊急通報サービスに連絡してくます。

このように万が一の時の対応など日々その機能が進化しているのがスマートウォッチの利点です。

高級腕時計とは異なり、子や孫へ引き継ぐような腕時計ではないですが、自分の命を守る端末として、シニア世代の方にはオススメの時計です。

是非一度ご検討ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました