シニア世代におすすめしたい、タブレット端末活用法

便利

みなさんは普段どのような端末でネットに接続していますか。

  • パソコン
  • スマホ
  • タブレット端末

この3つの端末がネット接続の際に使用される代表格です。パソコンはネット黎明期より使われていたものであり、今でも大きな割合を占めますし、新たな携帯電話の標準としてスマホも大きくシェアを伸ばしています。

ではタブレット端末はどうでしょうか。

実はこのタブレット端末も大きく市場を広げており、各メーカーもこぞって新商品を発売しています。つまり、タブレットへの需要も高まってきています。

お悩み
お悩み

他の端末とタブレット端末とは何が違うの?

はじめに結論から申し上げるとタブレット端末はシニア世代にとても向いている端末です。

今回は実際にタブレットを使用してみて感じる利点をお伝えするとともに、おすすめしたい便利な活用方法をお伝えしていきます。

タブレット端末とは一体何なのか

タブレット端末とは一般的に平たい板のような形状をしており、操作面の全面が液晶ディスプレイとなっています。

文字などの入力はキーボードではなく、指やペン形状の道具を使い、直接画面に触れて入力をします。

操作性を簡略化したノートパソコン、画面や機能を拡張したスマホというとイメージしやすいかと思います。

キーボードと一体化したノートパソコンと近い存在に位置付けられますが、キーボードが付属していない点、携帯性を重視しある程度機能性を絞っている点が異なります。以下タブレットの4つの利点をまとめてみました。

タブレットの利点

高い視認性

最初の利点は全面が画面のタブレット端末は他の端末に比べ視認性が高いという点です。細かい文字などが見にくくなるシニア世代にとってはとても扱いやすい端末になります。

また現在発売されているタブレットの多くは画面の解像度も高くなってきており、ネットの閲覧に限らず読書や動画視聴なども快適に見ることができます。

最近ではタブレット画面サイズも様々なものが出ており、選択肢が広がっているのも嬉しい点です。大きなものでは10インチを超えるものもあり、動画視聴など映像を楽しみたい方にはおすすめです。

片手で持つことができる平面の形状をしているため、ご自身で閲覧する距離を自由に調整できるのも視認性を高くしている理由の一つです。

直感的な操作性

2つ目の利点は直感的な操作ができるという点です。パソコンの場合ですと、マウスでの移動やクリック、キーボードでの入力が必要となるため、慣れるまで思い通りの操作ができないこともあります。

その点タブレット端末は画面上での操作となるため、入力や扱いたいソフトなどが指で触れる動作で完結します。スマホの操作と似ていますが、画面が大きい分、入力する箇所も多きくなるため、押しやすく誤操作を防ぎます。

持ち運びできる携帯性

3つ目の利点としては、タブレットは持ち運びにとても向いているという点です。多くのタブレットは軽量化されたノートパソコンに比べても軽く、厚みがないため、持ち運びが楽です。

居間や寝室に持っていくなどの家庭内でも持ち運びもできますし、カバンに入れて出かけるのも苦にはなりません。タブレット端末の中にはカメラ機能が付いているものも多くあるため、ちょっとしたお出かけで写真を撮ることできます。

手が出しやすい値ごろ感

最後の利点はタブレット端末は先に挙げたように今ではたくさんの製品が発売しており、価格帯も広く選択肢があります。特に機能を絞ったものについては1万円台で購入できるものもあり、手が出しやすくなっています。

スマホの場合だと携帯会社との契約などもありますが、タブレット端末は通信回線をWi-Fiに絞ったものもあるため、お家のネット回線や街のWi-Fi使用だけでも使用でき、月々のネット回線使用料金も抑えることができます。

おすすめのタブレット端末

ここからは実際におすすめのタブレット端末をみていきます。製品説明と先に挙げた4つの利点の5段階評価でみていきます。

Apple iPad air(アップル アイパッド エアー)

iPhoneでもおなじみのアップル社が手がけているタブレット端末iPad(アイパッド)です。このアイパッドはタブレット端末の草分け的存在で、多くの種類が発売されており、新型が毎年のように発表されています。発表される度にその性能は向上しており、特に画面の綺麗さは群を抜いています。

また、端末が使いやすいように操作性も設計されており、設定などもシンプルで扱いやすいものとなっています。中でも今回紹介したいのがair(エアー)と呼ばれる機種です。

この機種は軽量化に力を入れている機種となっており、視認性を保持しながらも優れた携帯性があります。カメラ機能も搭載しているため、場所を問わず活躍するタブレット端末です。

それでいながら、パソコンに匹敵する機能性も充実しており、今後の拡張性があります。少し価格は高めですが、長期的にタブレットを使用することを考えている人におすすめします。

タブレット端末の5段階評価

高い視認性 5.0

直感的な操作 5.0

持ち運びできる携帯性 5.0

手が出しやすい値ごろ感 3.0

Amazon Fire HD(アマゾン ファイア エイチディー)

ネット通販サイト最大手のアマゾンが手がけているタブレット端末です。アマゾンの手がける各種サービスとの親和性が高く、以前スマートスピーカーの記事でお伝えした人口知能アレクサも搭載しているため、声での操作も可能です。

この端末をおすすめしたい理由は魅力的な価格設定になります。10インチの高画質な端末でありながら、価格は15,980円です。読書はもちろんのこと動画視聴も問題なく楽しむことが可能です。

タブレット端末の5段階評価

高い視認性 4.0

直感的な操作 3.0

持ち運びできる携帯性 4.0

手が出しやすい値ごろ感 5.0

おすすめのタブレット端末活用法

タブレット端末の特徴について整理したところで、利用する際の活用方法についてもみていきたいと思います。高画質で大きな画面という点を最大限に活かした活用法を紹介します。

動画の閲覧

まず第一に挙げたいのが動画の視聴です。タブレットの視認性を活かした活用として動映画やドラマの配信動画を楽しんだり、YouTubeなどの動画サイトを視聴する際にタブレットは活躍します。

現在発売されているタブレット端末は解像度も高いため、テレビなどに比べても引けを取らない品質の動画が見れます。以前記事にした動画配信サイトのサブスクリプションとも親和性が高いので、併せてご覧ください。

電子書籍の読書

電子書籍の閲覧はタブレットの形状を活かした活用法です。平面のタブレット端末は書籍のように持ち運びやすく、家はもちろんのこと移動中の電車内などでも書籍を読むことに適しています。

電子書籍用に特化した端末もありますが、雑誌など綺麗な写真を楽しみたい方には、画素数の高いタブレットが有効です。雑誌をお得に読む方法として1つ提案があります。それは定額で楽しめるサブスクリプションサービスです。

動画同様月額の利用料を払って利用する権利を購入するサービスですが、現在雑誌のサブスクリプションサービスも充実しています。

今最もおすすめしたいサービスが、楽天マガジンの雑誌サブスクリプションです。

このサービスは初回31日間0円で読み放題なうえに月額380円という驚きの安さで利用できます。私も利用していますが、雑誌の種類の多さに驚きます。週刊誌やファッション誌に加え趣味やスポーツの雑誌まであり、みなさんが普段定期的に購入されている雑誌もあるかもしれません。

雑誌は大体1冊500円程度します。このサービスは450冊以上が月額380円で読み放題です。是非一度試してみてください。

下記バナーからも無料申し込み可能です。

地図アプリの閲覧

タブレットの高い視認性は、動画視聴や読書などのエンターテイメントに止まらず、地図の閲覧など実用的に使うことができます。タブレットは高い携帯性と視認性があるため、地図などで位置を確認する際にとても有効です。

最近の地図アプリはGPSによる現在地の特定も正確になってきており、タブレット端末で自分の居場所を確認しながら移動ができるため、道に迷うことを防げます。

料理レシピの閲覧

以前にもご紹介した料理レシピの閲覧にはタブレットが向いています。視認性の高いタブレットであれば分量などの細かい表記も拡大して見ることができますし、調理にまつわる一連の工程画像などを大画面で見ることも可能です。

最近ではネットの料理レシピも動画を使用しているサイトが多数あるため、解像度の高いタブレット端末は閲覧に適しています。

また、キッチンにおいても厚みのないタブレットであれば作業の邪魔にもならないため、広いスペースがなくても立てかけて見ることができます。

タブレット端末の活用で豊かな暮らしを

ここまで活用法をお伝えしてきましたが、これはほんの一例に過ぎません。スマホ同様アプリを入れることで様々なツールをタブレット端末内で動かせるので、ご自身の使いやすいタブレットにカスタマイズすることができます。

私もiPadを使用していますが、雑誌を読むときや商品の詳細を知りたい時などは画像が見やすいタブレットを利用し、快適に過ごしています。

タブレット端末の高い視認性、直感的な操作性はシニア世代の方と間違いなく相性がいいです。

便利になる買い物で、価格以上に暮らしが豊かになるような製品を今後も紹介していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました